ニキビケアの方法を教えます!

間違ったケアがニキビ跡を作る

大人の女性でも、美容液や保湿液のドロッとした感じが嫌いという方は意外と多いもの。

「お風呂あがりには化粧水しかつけないわ」という方が、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

けれど、洗顔後に化粧水しか付けないというのは大きな間違い!
その間違ったスキンケアが、ニキビを作ったり、悪化させてニキビを炎症させてしまうのです。

 

ニキビが炎症するとニキビ跡となり、赤みがかかって治りが遅くなってしまうので十分注意してください。

 

では、なぜ洗顔後に化粧水しかつけてはいけないのでしょうか。

 

「化粧水だけのほうがさっぱりしていて気持ちいいのでは?」と思う人もいるでしょうが、
化粧水は言ってみれば、ただの水です。

 

ですので、つけたそばから空気中に蒸発していってしまいます。

 

保湿液や美容液は、肌に化粧水を染み込ませたあと、
それらを蒸発させにくくするという働きも持っています

 

ですので、できるだけ美容液や保湿液は付けたほうがいいのです。

 

また、化粧水と美容液などはそれぞれ相性があるため、
できるだけ同じメーカーのものを合わせて使うようにしましょう。

 

ニキビ跡の赤みで悩んでいる人であれば、オルビスのクリアローションがオススメです。

 

このクリアローションは、ニキビの原因に漢方が働きかけ、繰り返しニキビができるのを防いでくれるだけでなく、
すでに炎症を起こしてしまったニキビにも優しく働きかけてくれるのです。

 

同じクリアシリーズからは美容液やジェルも販売されているので、
合わせて使えばより効果が見込めるでしょう。

ニキビに負けない肌作り

大人ニキビを増やさないためには、日頃のケアが大切だということはみなさんご存知の通り。

日頃からニキビを作らないことが、大人ニキビ対策で最も重要です。

 

ではニキビに負けない肌づくりとは、どのようなものなのでしょうか?

 

睡眠をたっぷり取ること。ビタミンをたっぷり含んだ、バランスのいい食事をすること。
それも大切なのですが、スキンケアにもぜひ気を配りたいですね。

 

スキンケアをするときに一番気をつけたいのはスキンケアの方法。

 

化粧水をたっぷり使ってケアすることが大切だとお伝えしましたが、その方法をもう少しお話しようと思います。

 

「たっぷりって言っても、どのくらい化粧水を使えばいいの?」と思う人もいるでしょう。
目安としては、火照った肌が触って、ひんやりと冷たくなるくらいです。

 

洗顔をしたての肌や、お風呂に入りたての肌というのは、
いつもよりも水分がかなり失われています。

 

乾燥すると肌がガサガサに割れてしまったり、ニキビの原因となってしまうので
化粧水で肌に潤いを戻してあげなければいけません。

 

化粧水は、スキンケア商品の中で最も価格のが安いので、
たっぷりつかってもそれほどコスト的にはかかりません

 

ケチってお肌を傷めてしまうのとどちらがいいかと考えたら…一目瞭然ですよね。

 

ただし、安ければどんな商品を使ってもいいのかと言えばそれも間違い。
自分の肌にあっていて、なおかつニキビに効果的な成分を含んだものを選ぶようにしましょう。

大人ニキビの治し方って?

大人ニキビの治し方とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

 

まず大切なのは、保湿力のある商品を使うこと。

 

10代や20代のころよりも、肌の弾力が少なくなってきたなぁと感じる人は、
肌に水分が足りていない可能性があります

 

また、ニキビができる=皮脂が多いということではなく、皮脂で毛穴に汚れが溜まったり、肌の炎症を起こしているということなので、化粧水や保湿液で肌に潤いを持たせ、ハリツヤを復活させることが結果的にニキビを減らす要因にもなります。

 

また、ただ毎日ニキビケアをしていればいいというわけではありません。
十分に睡眠を取って、バランスのいい食事をすることが大人ニキビ改善に繋がります

 

例えば、つい仕事が忙しくてコンビニのお弁当や出来合いのお惣菜に頼ってしまっていませんか?

 

野菜を多く摂っているつもりでも、出来合いのものには添加物が多く含まれており、
十分な栄養素を補充できない可能性があります。

 

もしも仕事の関係で料理が出来ないというのであれば、
足りない栄養素はサプリメントで補うというのも一つの手でしょう。

 

サプリメントを摂る場合には、ニキビに効果のあるビタミンCなどを中心に摂取するようにするといいでしょう。

 

また、夜の10時から午前2時までは、成長ホルモンが多く生成される時間帯です。
その時間帯に睡眠を取ることで、肌の生まれ変わりを助ける効果があります。

 

肌が生まれ変わると、それだけニキビの治りも促進されていくので、
しっかりと十分な睡眠を取るようにしてください。

正しいニキビケア

ニキビを放置しておいても、もちろん人が本来持っている治癒力で自然と完治していきます。

しかし、きちんとした手順でニキビケアをしてあげることで、より治っていくので、ぜひ実践していきましょう。

 

では、正しいニキビケアとはどんなものなのでしょうか?

 

まず大切なのはお肌を清潔に保つこと。

 

若いうちは肌の水分量も多いので、多少洗いすぎかな?と思うくらい洗っても、洗いすぎではありません。
朝と夜に洗顔をするのはもちろんのこと、部活やスポーツなどで汗をかいたらこまめに洗っておきましょう

 

洗顔にはスクラブ入りのものがオススメです。

 

オルビスから出ているクリアシリーズの洗顔料は、スクラブとメンソールが入っていて、洗い心地もいいのでオススメです。

 

ただし、あまりゴシゴシと擦り過ぎて、肌の表面を傷つけてしまわないように気をつけてくださいね。
また、洗顔料の流し残しにも気をつけましょう

 

そのほかにも、生活習慣を見直すことが大切です。

 

成長期には成長ホルモンが多く分泌されるため、
十分な睡眠を取って、ストレスを溜めないようにするのが理想です。

 

さて、そのストレスですが、ニキビが出来る原因でもあります。
ニキビを気にしすぎるとそれがストレスとなって、症状をより悪化させてしまうことになるので、気をつけてください。

 

ニキビケアは、顔の洗顔方法だけでなく、
それ以外のメンタル面や生活習慣が非常に深く関わってきます。

 

ですので、できるだけお肌に負担をかけないように生活することが
早めに治療することへの近道だと考えておきましょう。

社会人になってから…

学生の頃はなんとも無かったのに、社会人になってからニキビに悩まされるという人が近年増えているようです。

 

その原因はずばり、ストレス

 

社会人になって忙しくなると、人間関係や仕事でのストレスで
知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまい、ニキビができてしまう人が多いと言われています。

 

また、それまでは食事や睡眠に気をつけていても、遅くまで続く残業や
外食のせいで生活リズムが乱れ、身体に負担を掛けてしまうことがあります。

 

ニキビを治す方法はいくつか手段があります。
まずは、皮膚科や美容外科など専門の医療機関にかかること。

 

これであれば、セルフケアに頼らず、きれいにニキビを治すことができます。

 

ただし、社会人として働いていると、病院が開いている時間に受診できなかったり、
通い続けるのは難しいという人もいるでしょう。

 

もちろん、ドラッグストアなどでニキビケアの薬を買ってもいいのですが、
その場合はしっかり症状を見極めて、それにあったものを購入する必要があります。

 

社会人になってからのニキビはストレスが原因となっているケースが多いため、
そのストレスを取り除くことで症状が改善していくことがあります。

 

あまり気負わず、気を楽にすれば、ストレスを感じなくなるのではないでしょうか。

 

また、週末や業務後にスポーツをして汗を流してみたり、
適度な運動をすることで、ストレス発散になります。

 

もしも、食事が偏っている自覚があるのなら、サプリメントなどで補ってみるのもいいでしょう。